「忘れる」というプログラム


 

このブログは

以前アメブロで書いたものの転載です。

今一度

「忘れる」というプログラム

生きてる人間みんなに

知ってほしいなって。

なんか無性に想いだして。

載せます。

***

息子がこの世に宿ったとき、

大学の同じサークルだった男の子に

出産祝でもらったもの。

それが

「崖の上のポニョ」のDVDだった。

彼は

「トトロと迷ったんだけどこれにした」

と当時言ってて。

ありがたく頂戴した。

ぽにょが公開されたとき

わたしは地元の映画館で

友人と観て大号泣したのだった。

そしてそのとき、

ふ、とおもったの。

「リサみたいなお母さんになりたい」

それから何年が過ぎたかもはやわからないけど、

DVDを受け取ってから

7年くらいたつ。

せんじつ息子と観る機会があってね。

また観たら

すごい気づき、の嵐だったの。

すべてが

リンク、

した瞬間だった。

***

そのリンクを感じたきっかけのもう一つが

盛まき子ちゃんのおはなし。

まきちゃんは、おばあちゃんの介護をしてる。

そんなまきちゃんから聞いた

「認知症」

のおばあちゃんがみてる

沢山の「部屋」のおはなし。

まきちゃんの前のblogはこちら

きっとまきちゃんの目線でまたブログにしてくれるだろうけども、

わたしの目線での気づき、をこのブログでシェアしようとおもいます。

***

ひとは、

何度も

輪廻をくりかえし

この世に産まれてくる。

魂の記憶はあれど、

わたしたちは

肉体を新たにするたびに

それまでの

人生を

いったん忘れてこの

カラダに入る。

(もちろん忘れてない人もいれど)

そう。

人間には

ちゃんと「忘れる」というプログラムが備わっているんだ。

そう。

わたしたちは

この肉体をもったとき、

前の人生の記憶を

魂には刻んであれど、

忘れて

この人生の「目的」」「使命」を果たすために

今回のこの人生の

「学び」をはじめていく。

わざわざ

地球に

波動を落として

わたしたちは

肉体を得て、

わざわざ

完璧な存在から

「思い通りにならない」この世の中に

なにかしらの

目的をもって

学びにきている。

遊びにきている。

で、

毎回

その人生を

終えるときには

「忘れる」んだよね。

もう

そうなってるんだよね。

で。

でさぁ。

認知症って

この「忘れる」

じゃない。

この忘れるってゆー

ひとが

天命をまっとうしたときに

なされる

プログラムの

練習といいますか

さきどり

なんだよね。

わたしそれをまきちゃんからきいた時、鳥肌たったの。

それまで

なんとなく

頭では

わかってても

腑に落ちてなかったの。

感覚としてよくわかってなかった。

認知症になんてなりたくない

とすら想ってた。

だけどね!!!!

認知症って、、

つまりは

天に召される前の

準備が

少しずつ

はじまっていく、

とっても尊い現象、状態なんだ。

って。

わかっちゃったんだよ、、、

おとなになって

老人になって

60で

赤いちゃんちゃんこでお祝いして

また

あかちゃんに還っていくとは

よくきいたもので

また

もしかしたら

おむつにお世話になるときも

あるやもしれない。

そんな状態

介護の状態

わたしずっと嫌ってたんだ。

ぜったい、自分はそうなりたくない

って。

息子や

息子の嫁の

お世話になって

嫌な想いとか

させるぐらいなら

そうなる前に

さっさと死にたい、ぐらいに

想ってた。

本当に

なんて投げやりだったんだろう。

って

いま

とっても恥ずかしい。

***

わたしは

「タッチ」を教えるしごとをしているけど、

先日の指導者養成でも

この話題になったんだ。

なぜなら

タッチ

て認知症予防にもとてもいい

って

研究結果が出ていてね。

認知症になりたくなければ、タッチがいいよ~

なんて

わたしうたうところだったんだよ、もう少しで。

「認知症」を邪魔者扱いしてたんだよ、わたし。

目の前のひとや

自分が

認知症になったら

困る

って

嫌だ

って

どっかで想ってたのかもしれない。

「認知症になる」

って

「忘れる」

ってゆー

プログラムがもう

私達には絶対あって。

死んだら

ぜったい

みんな

「忘れる」ようになってて。

生きながらにして

この

「認知症」になるということは

この

今世の

命を

まっとうしようとしてる

その最終調整に入った、

ってことなのに。

いわば

アニバーサリーのようなものなのに。

わたし。

やばい。

ないほうがいいもの

にしてた。

厄介者

邪魔者

にしてた。

あやうく

「認知症予防」にいいですよ~

タッチって~

なーんて言おうとしてた。

どうして

前提を

「ならないほうがよいもの」

にした!わたし!!!泣!!!

どこかに

介護は大変で

どこかに

認知症は恥ずかしいもの

って

潜在的にあったのだろう。

みんなが

なりたくない

末の姿

勝手に仮定しようとしてた。。。

ほんと、

気づけて良かった。。

ぽにょに出てくる

おばあちゃんたちは

そのプログラムを

しっかりやってたんだ。

彼女たちの

見る世界は

本当にこんなかんじであろうと

いま、となって

すごくよくわかるの。

で。

いきなり

忘れるよりも

やっぱり

わたしも

準備して召されたい

って

いま、やっとおもえてる。

タッチは

確かに

「認知症」の予防になるかもしれない。

だけど

「予防」と言ってる時点で

なんかしっくりこない。

「予防」だなんて

なんてあさはかなの。

だって、

それは、

私達人間に

組み込まれた

大切なプログラムなのだから。

「忘れる」というプログラム。

これって

酷なようで

じつはあったかいプログラム。

もしかしたら

これを

生きながらにやってくれてる、という

人が

身近にいるあなた。

目の前のそのひとは

天命をまっとうする

その準備の時間を

大切な

あなたに

くれているのかも

しれません。

それは

一筋縄に

いかないような

つらくみえることも

もしかしたら

あるやもしれない。

だけど

わたしは、

「忘れる」

って

生きてるうちに

準備できることを

とても

尊く

愛しく

感じました。

決して

邪魔者じゃない。

ゆっくりとした

次元にとらわれない

沢山の部屋を

みる

その時間を

もしわたしの大切な人がそうなったときには

一緒に共有したいとおもうし

自分がそうなったときには

もしかして

キラキラ輝いちゃうかも、

なんて

そんな風に感じてる。

ポニョのメッセージは

この魂や輪廻、人生、次元

のようなキーワード

なんかが色濃く入っているし

そういった目線でみると

ぽにょのお父さんも

お母さんも

出てくるセリフひとつとっても

とても

おもしろく

感慨深く

感動的だ。

わたしたちは、

みんな

「忘れて」

ここに産まれてきている。

そして

また

「忘れて」

ここを去る。

だけど

その段階のなかで

準備期間

なんてものが

もうプログラムとして

組み込まれていて

与えられてたなんて。

神様、やるじゃん。

てちょっと見直しちゃったよ。

我が子をうみおとしたとき

一生

この感動を

忘れまい、

と想った。

忘れるくらいなら

死にたい、

とおもった。

だけど

どうせ

わたしたちは

「忘れる」

死んだら

「忘れる」

「忘れたくない」

「わすれたくないんだ」

「記憶から消さないで」

「いやだ」

「覚えてたい」

夢からさめるとき

わたしはこの感覚になることが多くて。

この「忘れる」恐怖がきっとあって

だけど

けっきょく

「わすれてしまう」

そんな経験をもう何度もしてきてるのだろうとおもう。

息子がよくいうの。

「ママは忘れん坊」

うん。

ママは忘れん坊なんだ。

忘れたくないことも

もしかしたら

忘れる日も

くるやもしれない。

それを

受け容れることが

ずっとできなかった。

だけど

忘れても

大丈夫なんだ。

そこは

あたたかくて

安心あんぜんな

そんな場所なんだ。

準備期間を経て

まっとうするこのすばらしさを

今はとても感じてる。

そして、

この命を終え

意識だけになって

また次元をとんでいくときに、

わたしたちは

その次元をあける扉の前でおそらくこんなふうにきかれるだろう。

「あなたは、歓びに満ちた、幸せをじぶんに築いてきましたか?」

必ずきかれる。

そのときに

たとえ

「忘れて」

いようとも。

こたえられるようにしておきたい。

「はい」

と。

~aiko narita Alice~

*シェアOK*

 

 

***

あかちゃんの光る玉を描くセッション、ピュア*メッセージセッションこちらから

***

わたしとクリスタルの息子がつくってるオリジナルソルトのお申込みはこちらから

5月11日満月の夜から数量限定で販売開始してる

新商品「神ソルト」はこちらから(残2個)

{F8ADFF16-C9B7-4F1E-9586-B38A39E0533A}

***

インナーチャイルドを癒す1dayトリップ*final

五感すべてを使い「罪悪感」と向き合い、インナーチャイルドを癒す、そんな1日を過ごします。

今回を終えたらもう復活することはありません。ラストの会となります。

詳細はこちら

お申し込みはこちら

***

なみぃと愛子のゆるゆるお茶会

が沖縄県那覇市で6月25日にあるよ^^

残席4です

詳細、お申し込みはこちらから

***

その他

今募集してるメニューはこちらから

***

成田愛子のLINE@は以下IDをコピペして検索してね^^↓
  
@vdp7500s
***
クリスタルチルドレンの息子kazumaとわたしのblogはこちら
(アメブロに飛びます)
***

嬉しい感想がたくさん^^

成田愛子監修ありのままブレンドはこちらから

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です