息子のアトピーとその後。


このブログは昨年(2017年)の今頃の時期に書いたアメブロの転載です。

 

 

***

 

成田愛子です^^

 

 

以前心屋仁之助さんにシェアしていただいたこのブログ。

 

 

アトピーはやっぱりダミーだった

今はこちらに転載してあります→http://aikonarita.com/archives/841

 

 

あれから数カ月。

 

 

 

アトピーのことをすっかり忘れて過ごしていましたが、

 

 

 

この季節の変わり目って

 

 

アトピーっ子にはつらい時期ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

この時期の息子も

 

 

体中をかきむしり

 

 

全身が傷だらけとなります。

 

 

 

 

 

 

これまでは

 

その傷を見る度に罪悪感で。

 

 

目の前で掻いてる姿をみようものなら

 

 

「掻くのやめなさい!」

 

 

 

ととめていました。

 

 

 

事実、ここ2.3日は

 

 

息子のつくるソルトだけでは

 

フォローが苦しくなってきて

 

オイルやお薬の力もかりました。

 

 

 

 

 

 

 

アトピーは、忘れたころに

 

 

姿を見せて

 

 

わたしに問うのです。

 

 

 

そんな感じをここ数日うけてました。

 

 

 

 

(ゆりもどし、のことをかいたFacebookのフィードはこちら

 

 

 

 

 

今年のわたしは

 

 

ちょっとちがくて

 

 

 

 

去年までは

 

掻くことをとめていたけど

 

 

 

 

いまはね

 

 

敢えてとめません。

 

 

 

 

 

だって

 

かゆいんだもんね。

 

 

 

いつもどおりお風呂にはたっぷりソルトをいれます。

 

 

それでね

 

 

気づいたの。

 

 

わたし。

 

 

彼の肌の荒れるとき。

 

 

それは季節的なものもあるんだけど

 

 

わたしのメンタルももちろんあるんだけど

 

 

 

 

 

彼を

 

わたしが触れてないとき、なんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

わたしが息子のことまで

 

 

ちゃんと見れてないとき。

 

 

 

とゆーことは、

 

わたしが自分とつながれてないとき。

 

 

現れるんです。

 

 

 

 

アトピーというかたちになって。

 

 

 

 

 

 

忘れないでーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

 

 

 

 

って現れるんです。

 

 

 

 

 

 

 

わたしが

 

 

 

 

わたしでいっぱいいっぱいなとき

 

 

 

 

 

わたしが

わたし自身と

 

繋がれてないとき

 

 

 

 

息子のことまで

 

細やかに見れなくなるんです。

 

 

 

 

 

で。

 

 

いま、

 

新しいサロンの準備中で

まだしっかりと落ち着けてない状態。

 

 

 

さらに先週は大阪でトークショー。

 

 

長距離の移動も

 

じぶんのことで精一杯にもかかわらず

息子ふたりを連れて

ひとりで、がんばってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

私達親子は満月のせいもあって

 

さらにバチバチ。

 

 

 

 

 

 

 

ほんとに

 

 

じぶんで、いっぱいになってたんです。

 

 

 

 

 

 

 

そんな折。

 

 

現れました~。

 

 

 

 

 

 

 

 

アトピーちゃん。

 

 

 

 

 

 

背中からお尻にむかって

 

そして

 

胸やお腹にまで

 

あらわれます。

 

 

 

 

 

 

現れるときは

 

 

一瞬です。

 

 

 

 

 

ものの一晩で、

 

 

現れる。

 

 

 

 

 

 

わたしは

 

 

その傷を見るとおもうことがあって。

 

 

 

さいきんは、

 

 

ごめんね、とかじゃなくて

 

 

 

 

 

 

答え合わせをもらうような気持ちに、なるんです。

 

 

 

 

 

 

 

そうかそうか

 

 

わたし、またじぶんからまた離れてたね、って。

 

***

これは余談になっちゃうんだけどね、

 

ひとには

オーラがあるじゃない?

 

 

わたしはそれがみえるようになって

 

 

きづいたことがあってね。

 

 

 

 

よくきく肌の繊細なひとって

 

おとなもこどもも関係なくね

 

 

特徴があるの。

 

 

 

それは

 

 

じぶんを守る膜が

 

 

敏感ゆえに

 

 

肌で物理的に守ってるということ。

 

 

 

うちの息子も

オーラの色が出やすいとこと

出にくいとこがあって

 

極めて透明にちかいとこに

 

いつもアトピーがでる。

 

 

 

ここから下に書くことは人づてにきいたことですが、

 

 

**

普通のひとが

 

肌まで到達せずに

 

プロテクトできるエリアも

 

 

 

膜がうすくて

 

ダイレクトに肌まで到達しちゃう。

 

それがダメージのように目にはみえる。

 

 

だから繊細な子は

 

 

肌に出やすいんだって。

 

 

だからそんなひとは

 

海に入りなさい、とよくいう、って。

 

**

 

↑人づてにきいたことですが、

 

わたしが目で見てとらえてることの

 

まんま答え合わせをいただいた気がするの。

 

 

 

 

いま、納得したひと多いんじゃないかなぁ?

 

 

肌だけじゃないよ

 

耳とか音に敏感なひとも

 

おなじです。

 

 

 

それはめにみえないけど、

振動レベルのはなしだから。

 

 

 

 

その膜のヘリ、を自分でつくることも

 

習ってきたんだけど、

 

まだまだ検証が必要なので

 

ゆっくり親子でトライしてゆきます。

 

 

 

 

****

 

 

 

 

「掻きたいだけかいていいよ。

 

 

ママがマッサージしてあげるからね。

 

 

大丈夫だよ。

 

 

オイルもぬる?

 

 

それとも

 

 

今日はお薬にする?」

 

 

 

 

 

 

そんなことを息子とはなして

 

 

 

 

 

息子の要望通りに

 

 

 

 

 

おとといはオイルを、

 

 

昨日は薬をぬって、

 

 

 

 

 

 

 

今日。

 

 

 

 

 

 

 

 

すべてかさぶたとなり綺麗になってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼は、わたしが「じぶん」から離れそうになると

 

 

こうやって教えてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくね、

 

「ママ卒業します」とか

 

「ママ手放します」とか

 

 

 

 

 

最近は「自分を大切に、ブーム」だし

 

よくSNSでも目にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それ自体がどうこう、といいたいわけではありません。

 

 

誰かの価値観を、否定するつもりもありません。

 

 

だけど

 

 

わたしは。

 

 

わたしはね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ

 

「ママ」なんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

母親です。

 

 

 

彼のことを産んだ

 

 

母親です。

 

 

 

で、でね、

 

 

 

 

 

わたし、ママでいるわたしが、すきなんだ。

 

 

 

 

料理もそんなに得意でないし(好きな時につくるのはすき)

 

 

 

 

 

 

お裁縫も苦手さ。

 

 

 

 

 

 

息子の予定だって一生懸命覚えようとしても忘れちゃう。

 

 

 

 

 

 

ポンコツ母ちゃんさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど

 

彼のこと、

 

 

ほんとに

 

 

愛おしくおもってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喧嘩もめちゃくちゃするけど

 

 

わたしの嫌なとこいっぱい見せてくれる

 

 

鏡のような彼だけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼のアトピーはたしかに

 

 

ダミーだったけど

 

 

 

純粋に彼の繊細さ、が見せてる部分も、

 

 

もちろんあるんだけど、

 

 

 

だけど、

 

 

 

最近は

 

 

答え合わせのように

 

 

こうやって現れてわたしに「お知らせ」してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは

 

宇宙からのお知らせ、と想ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしに「逃げるなよ」と割と強めに

 

 

 

問われてるように、

 

 

そう想うのです。

 

 

 

 

 

 

 

子育てから逃げる、ではなく

 

 

 

 

 

彼から(じぶんから)逃げるな、ということ。

 

 

 

 

 

母親として、ももちろんあるけど

 

 

 

 

 

 

一番はその立場、とかよりも

 

 

 

 

 

 

 

わたしがわたしの中心からずれないように

 

わたしの大切にしたいことからずれないように

 

 

 

 

 

 

 

言われてるような気持ちになるんです。

 

 

 

 

 

わたしは

 

 

 

家族を大切にしてる。

 

 

 

 

 

 

 

わたしがわたしを大切にできないってことは

 

 

家族も大切にできてない証拠。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忘れたころに

 

 

ひょっこりでてくる。

 

 

 

アトピーちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは

 

 

きっと

 

 

わたしがちゃんとセンタリングできるようにするために

 

 

息子が敢えて

 

 

もって産まれてきてくれたものなのかも

 

 

しれないなぁ。

 

 

 

 

で、

 

 

 

もう大丈夫だな、てなったら

 

 

綺麗にきえるのだろうな。

 

 

 

焦らなくていいよな、とおもいます。

 

 

↑先日Facebookがこんな嬉しいお知らせくれたの。

 

左が長男、右次男。

 

 

 

 

 

わたしは

この子たちのママでいれて

 

 

 

 

ああ

幸せだなぁとおもう。

 

 

 

素直に、

 

そうおもう。

 

 

 

縄跳び二重跳びできるようになったんだ!って

 

 

そーゆー成長を知ることができて

 

 

 

 

 

 

嬉しいなぁ

幸せだなぁ

 

っておもう。

 

 

 

 

 

 

 

このこたちあっての

 

わたしだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わすれるなよ!

 

わたし!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

そう

 

 アトピーちゃんという

宇宙から

 

 

メッセージをうけとったよ。

 

 

 

 

 

彼の繊細さ、は

 

宇宙からのギフトです。

 

 

 

 

彼が繊細でいてくれるおかげで

 

わたしがブレない。

 

 

 

 

 

たとえ

 

 

ほんのすこし、ブレたとしても

 

こうやってまた

 

 

真ん中、にもどってこれる。

 

 

 

 

 

これを読んだ皆様に

 

 

幸せが降り注ぎますように。

 

 

 

love,

 

 

*しぇあOK*

 

 

 

あいしてるよ

 

 

 

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です